スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【おんセ】揺れる屋敷、崩れる常識。

【黒水晶】を警備するという仕事を仰せつかって、
さぁ、いざと向かうのは、依頼主にして屋敷の頭首、ウィード公のもとへ。

宝物庫へ、娘のところへ、言われた事を無視して外へ。
選択肢を用意した訳ではないので、上にあげたことをしなくても、
どこにいっても物語は進みます。進まないかもしれません、が。
色々とここでシナリオの樹形図をわかりやすく仕込んでおきましたが、
はてさて彼らの選んだ道は、舗装されたか茨の道か。。

 

 

 

 

 

 

 

 

GM

 

 

 

 

 

 

 

 

さてご一行。

近くの適当な行きずりコボルドを捕まえて、当主の執務室の前です。

アケビ

(おばーちゃんに微かな恐怖を覚えたので、ヒオリくん(壁)の傍に。

ヒオリ

……?(ルーシーとアケビを交互に見て、好きにさせることに)

アヤ

どんな様子かな?やっぱりでっかい扉とか?

GM

はい。そうやってきゃいきゃいしてると、「ん? 入りたまえー」と、

人間サイズのドアの右下、タビットサイズのドアがかしゃん、と開きます。

ヒオリ

俺入れなくね。

アヤ

あたしも入れない気が。

アケビ

GM

(たしたしと人間サイズのドアを肉球でたたきます。

人型の方は、普通にノックしてください(笑

ルーシー

ふ、マタギの血が騒ぎだす!(匍匐前進

GM

かがんでもいいのよ。女の子っ、タビット用ドアにかがんでもよいのよ・・・!!(はぁはぁ

ヒオリ

GM、あうとー(

GM

失礼。取り乱しました。鍵もかけてないので入れます。

ヒオリ

(ノック無しで人間サイズがちゃり(

アケビ

Σ(急に開いたので、前のめりに、べちゃあ。

ルーシー

Σあくだなんて(ルーシーうさぎのドアから入ってしょぼーん)

GM

執務室は、割と落ち着いてる書斎と、しっかりした机、ですね。

GM

人間サイズの本棚に囲まれて、タビットサイズの机で、三毛ぶちうさぎがぴこぴこペンを走らせてます。

ヒオリ

うさ……ウィード公、本読んでて良いか?(うろうろ

GM

 

 

アケビ

GM

なにか言いかけたね(笑)

「おや、君たちも今回の警備の冒険者かね? あぁ、そちらの同胞はそういえば話したな。どうしたんだい?」本はとろうとしても別段気にしません。

(よいしょと起き上がって、ここでウィードさんに、ぺこり。)

ウィードさんにこり。

アヤ

やあやああたしゃこういうもんで(お店のシンボルドヤ顔で見せて

GM

「ふむ、【土竜】の・・・あそこは良くしているし、知っているよ。そこの店なら安心だ。店長に、適当にされて初心者はあたふたしなかったかい?」

ルーシー

とれないかなあ(三毛うさの耳凝視(はすはす)

GM

エネルギーボルト(ぼそ

ヒオリ

 

 

アヤ

ルーシーにさっきから背後霊が憑依してっぞ(高そうな本ぱらぱら

 

大分ザックリと此処まで連れて来られました(たは。) と、ちょっとお伺いしたい事がー。

GM

「ふむ、なんだね」

アヤ

あたしの仕事はここまでだ!(アケビくんにぐっ、と良い笑顔でサムズアップ(

ルーシー

あやちゃんがなげたー!?

アケビ

Σ…あ、えと。ありが、とう。ございます!(つられて短い指でさむずあっぷ返し

えと。その。

黒水晶と、お屋敷と家族。ウィードさんにとって、いちばん、大切なものってなんです、か

GM

少し驚いたような表情をしてから「ふむ・・・」

「こういう状況でなければ、お茶とお菓子でお話したいものだがね」と苦笑しつつ

アケビ

(苦笑するお顔を、黒いおめめで真っ直ぐに見つめます。

GM

「黒水晶で復興したから、この家がある。今の私がいる。正直、私は初代、二代の敷いて来たレールを守るように仕事をしてきたからね。これなくしては今の財も地位もなかっただろう。」

アケビ

 

GM

 

アケビ

 

 

 

アヤ

 

GM

 

アヤ

GM

 

アケビ

 

GM

…黒水晶が、なにか、わからない…と。先程、仰られました、よね。(目ぱちぱち。

「黒水晶が何かわからない、というより、黒水晶が、何をしてくれるのかが、わからないのだよ」

…どういう、こと…です、か?(かくり。

「どういうマジックアイテムなのか、それともただ希少価値的に取引額が高いのか、つまり、私は家宝として伝わっているから大事にしているだけで、これを使って家や自分自身の利益に直接利用したことはないのだよ」

ぬ、はうとぅー黒水晶、とか本みたいなのに纏めて伝わってるわけでもないのかな?(かく

はい。つまり黒水晶の奇跡を、まだウィードさんは見たことが無い、ということですね。

なるほど‥‥(ふむむ

「ただし、歴代の当主達は、黒水晶のおかげで、家を盛り上げてこれたという。それだけは事実として伝わっているよ」

そう‥‥でしたか‥‥(前足もしょもしょ

 

「大事なもの、の話だが、屋敷も然りだ。実によく、私の小言にもめげずに働いてくれる使用人がたくさんいるよ。ハイペリカムは最近少し体調が悪そうだがな・・・」

「娘も、養子だが、儚げで、放っておけんでなぁ。。世話をやけば、遠慮しがちでも甘えてくれる。かわいい娘だ。叔父も私の仕事をよくサポートしてくれるよ」

「さて、質問の答えだが・・・全部大事、では、わがままかね? この世に私が生きるうえで、私に関係のないものなど、ないのだよ。それら全てが大事だ

「もちろん一期の出会いとはいえ、君たちもね。・・・ふふ、一端の冒険者と一緒にされては、娘は複雑かもしれないがな」

アケビ

いいえ。全部たいせつ、で。いいことだと、思い、ます。(にこ。

GM

「そういってくれると、嬉しいね同胞くん」と、にこり。

 

ヒオリ

アケビ

 

 

ヒオリ

アケビ

 

ヒオリ

アケビ

ヒオリ

アケビ

 

アケビ

 

……当主様は善人つか、騙されやすそうだよなー(本を物色しつつぼそ)

…ボクは、ウィードさん。すき…です。(ヒオリくんに、そっと、にこり。

 

 

…俺はどっちでもない(アケビの頭うりうり

どっちでもない、なら。ボクと、違う見方、できる…です、よ。(ヒオリさんの手に、ほく。

…お前も騙されやすそう(アケビぽふぽふ)

疑うよりは…信じて、騙されたほうが、良い、です。(にこ。

…お前は良い子だなー(アケビわしゃわしゃ)

良い子かどうかは、わからない、です、けど。…えへ。(ほめられた…!

 

あ‥‥じゃあ…このお屋敷で、先代さんから仕えておられる方はおられません、か?

GM

「先代から使えてるというと、ハイペリカムかな。5年ほど仕えていたはずだ。そうそう、娘のエルフも、仕えていたわけではないが、先代のことを知っているよ。

アケビ

そのお二人、は。黒水晶の奇跡を見たことが、ある、かも。しれないですね。

ルーシー

エルフは寿命がながいですもんね(こくり

GM

「あぁ、娘は知らんが、ハイペリカムは、ありうるだろうな」

アヤ

ウィードさん、最近のハイペリカムさんについてどう思います?(首傾げ

GM

「ふむ・・・良く仕えてくれる気のきく執事、だよ。ただ、最近は少し顔色が悪いし、小さなミスが目立つね。。」

アヤ

昔は、というか体調が万全の時はパーフェクトバトラーさんなのかしら?(ふむ

GM

「パーフェクト・・・というよりは、器用貧乏チックでもあるがね」と、苦笑

「それでも、出来ることが多いから、みな尊敬していたよ。何事にもハキハキ答えてくれるしね。」

アケビ

尊敬、して、『いた』

アヤ

うん、「いた」って気になる。

ヒオリ

ミス続けば信頼も落ちるっつー

GM

 

「あぁ、いや、今でこそすぐに嫌われるような信頼を築いたつもりはないよ彼も」と、フォロー。基本的に信頼している雰囲気を感じて構わないです。

ヒオリ

へぇ。じゃあ別の理由、かねぇ。(本物色を再開)

アケビ

ペリカンさんが、体調を崩されたのはいつごろくらい、ですか?(もご。

GM

「ふむ・・・二週間ほど、かねぇ」

ルーシー

んー二週間前って他になにか、ありましたか?

GM

「特には・・・いや、ちょうど、二日ほどの有給をとった、あとだったかな?」

ルーシー

んむ、有給‥‥

アヤ

GM

あ、と。あの予告状って最初は誰が見つけたんですか?

「予告状は、この部屋においてあったのだよ。」

ルーシー

GM

アケビ

アヤ

アケビ

 

 

 

 

 

 

GM

 

 

アケビ

 

GM

 

アケビ

GM

bot

GM

 

 

 

ヒオリ

 

アケビ

ヒオリ

アヤ

 

ルーシー

 

GM

 

 

 

アケビ

アヤ

ヒオリ

 

GM

 

アケビ

アヤ

GM

アケビ

ヒオリ

 えと、もう一つ、有給中はどうしていたか、ご存知ですか?

「街の外へ出ていたね。確か、石塔の学び舎、カイン・ガラにいくとか…」

(もご)‥‥えと、このお部屋の、セキュリティは、どうなって、ますか‥‥?

アケビちゃんナイスっ!(サムズアップ

(さむずあっぷ返し

     

(すみません、ここ、GMがアヤちゃんが前に質問してたのにスルーするというのをやらかしたので、こういうチームプレイが生まれました(ぁー)

言葉で聞いてても、文字で見てても、処理する量とか多いと見逃しちゃいますよね‥‥まだまだ物語の紡ぎ手として、修行不足ですっ;)

 

「この部屋に入れるのは、マスターキーを持っている私と娘とハイペリカム、だな。後は、この部屋のみあける鍵を保管している部屋が君達のいた大広間左にあるが‥‥取り出すには鍵管理の警備が許可をしなければならない」

…手紙がきたのは昨日、…でした、っけ。…部屋の中…足跡とか、その。無かったか、調べました…か?

「特に気になることはでなかったね。よかったら、調べ直してくれてもかまわんよ」

あ。…ほんと、です、か…?(皆に、おそるおそる、どうしようか、と。視線を。

探索をするのであれば、知力+レンジャーorスカウト+2d6で探索判定を。

GM > +2D6[6,6:12]<クリティカル!> = 12

わーい(

 

(ここでまさかのGMの言葉をbotが拾ってクリティカルという始末(笑)

  

おいGM調べちゃえよ。 っつーのは置いといて、んじゃ、軽く見ておくか?うさっこ。(ぽふぽふ

えと…失礼、します【探索判定】‥‥11です。

(ころころ)ん、俺12

う、と。じゃあ折角だし。ウィードさん、お仕事中失礼しますっ(ころころ)う‥‥10かぁ。

もう皆で調べちゃいましょうね(ころころ)あら、11。

 

特に足跡らしきものは見当たらず、本棚、窓、その他不自然な点は見当たりません。

荒された様子、また、それらを元に戻した様子等はない、普通の綺麗な状態、というところまでわかって構いません。

…なにも、みあたらない…です、ね。

だね…(むー

(にしては、綺麗すぎねぇか…?)

 

「さて、それでは私もお尻の見えてる仕事をいくつか抱えているのでね…警備の方、頑張ってくれたまえ」

…あ。お仕事が…お忙しいのに、ごめん、なさい。

あ、はーい。ウィードさん、ありがとでしたっ

紳士的に手を振ります。

あ。…えと。ありがとう、ございまし、た。(ぺこん。

ぁ、無いことが分かったと。次は何処行くんだ?ウィード公はおつかれさんー。

GM

と、皆さんが各々部屋を出ようとしますと・・・

                ぐにょん

GM

地面が何か弾んだような感触を覚えます。

アヤ

ヒオリ

Σ!!!!!!!(びっくぅ)

ルーシー

?

GM

もたれて、壁に手をつくんだけども、なんだかぐにゃぐにゃしてて、

GM

視界もぐーるぐる。ぐるぐるあーす。

アケビ

え、あ。わ。ひゃ

GM

どっちが天井でどっちが床だっけ?いやむしろどれが壁?

 

 

 

 

 

GM

 

(まるで屋敷をミキサーにかけられたよう。目の前を家具が、人が、壁がドアが、剥がれてはとりこまれ、飛び出してはくっつき、入り乱れていく騒々しい空間がしばらく続きました。)

 

さて皆さん。

GM

 

ヒオリ

ルーシー

アケビ

GM

 

アケビ

アヤ

GM

周りの状態が落ち着いてくるようです。冒険者技能+筋力ボ+2d6を振ってください。達成値は10です。

なんなんだよ…(ころころ)10、どうだ。

あう…?(ころころ)足りない‥‥9ねぇ。

(ころころ)10、です‥‥あ、なんとか、ウィードさんの方、むけないかなぁ…

ウィードさん。「うわぁぁぁ……」って、何か遠くの方のぐるぐるに吸い込まれてましたよ。

Σウィードさん…っ

む、むう…(ころころ)こっちも10だよっ。

うん、いいバランスの達成値だったみたいですねっ。

GM

さて、空間の歪みにより、部屋の宙から床に落下します。9以下の人は、ダメージ3を受けてください。防護点分は引いていいですよ。

ルーシー

Σあうっ!(がっ(背中打ち付け

アヤ

(すたっ)Σ だいじょぶ!?(あぅ

ルーシー

こしがいたいのう(涙目

アケビ

(くるくるくるしゅた!

GM

タビップラーかっけぇ(笑)さて、落ち着いたら辺りを見回しましょうか。

雰囲気は、明らかに先ほどまで皆さんがいた屋敷です。

ヒオリ

誘拐にしちゃ変だし、他の冒険者も気になるが(尻餅のまま見渡し)

GM

色々と、屋敷の中をぐちゃーって丸めて、また広げなおした感じ。

あり得ない所にドアがあったり、テーブルが壁にうまっていたり・・・

壁からコボルドの手も、見えますね。

アヤ

なにそれホラー。

アケビ

どういうこと、なんで、しょう。(ふるっ

GM

空間がミキサーされた、といってもいいでしょう。 いしの なかに いる!

ヒオリ

コボルト血まみれ?

GM

いえ、ぴくぴく動いてます。ノシ

ヒオリ

ああ、生きてるならいいか。(

アケビ

だいじょうぶ、です、か?(わんこさんの手、くい。

ルーシー

もっふもふ・・・v(出てるてを横からもふもふもふ

GM

(くいっとされた手、あくしゅ。

生きてはいるみたいですね。

アヤ

アケビ

なにそれよゆうあるね。

(ほ。

ヒオリ

他の冒険者とかの姿は?

GM

今のところ、ありません。

アヤ

ドアの位置的に出られるのかな、部屋から。

GM

はい、皆さんがいるのは、何と言うか、今となっては『部屋』としか形容できませんが、8畳ほどの、うん、『部屋』です(笑

正面に一枚、普通の位置にドアがあるので出られるかもしれませんね。

アケビ

<カウンター・センス>って使えないでしょう、か。

GM

コンジャラーさん、残念ながらそれはレベル6の魔法なのです…

アケビ

(しゅん

 

(<カウンター・センス>とは、自分に魔法がかけられた際、どんな魔法で誰がどこでかけてきたのか、というのまでわかる事が出来るという、コンジャラーのとても面白い魔法です。こっそり服を透かそうとしても、相手がコンジャラーだと<スパーク>撃ち込まれる可能性があるから注意って事ですね!←)

ルーシー

でもいいアイディアを潰すのは惜しいわよねぇ(なでなで)じゃあおばあちゃんが<マナサーチ>をしましょうね(ぽわわー) はい、【行使判定】成功です。

GM

ぉ、了解です。それは範囲内の『何か魔力的なもの』を見つける魔法ですね。

魔法を使うのに必要なマギスフィア(小)だと、半径10m以内…(メモこそっ)

…はい、部屋の外から、何か小さな反応がありますね。

ルーシー

 

アヤ

なにかしら…? なにか反応があるわねえ(探知機型に変形したマギスフィアを皆に見せて、小さな反応を指さし)

ドラ○ンレーダーみたい(

GM

イメージとしては、そんな感じで(笑

ヒオリ

部屋の外ってのは、ドアの外でおっけ?

GM

はい、ドアのある壁の向こう、ですね。

アケビ

(ヒオリさんの足の陰にこそり。

ヒオリ

(びく)……ああ、うさぎか

アヤ

ルーシー

ということは、あのドアか…探索判定かしら?

ドアをたんさくしようかしら。

GM

レンジャー技能は屋外のみということで不許可とします。

アヤ

アケビ

じゃあスカウトのあたしにお任せっ☆(ころころ)9…

…ボク、も。(耳ぱたた。)9、でした。

GM

ん、二人で調べたと‥‥特に罠っぽそうなのはないねと自信を持てます。

見た感じ鍵穴も無いです。

ルーシー

あけて、みようかなあ?

ヒオリ

蹴るか、殴るか。

アケビ

すこぅしだけ、あけて、中を覗いて、みましょうか

アヤ

ふ、ぬ。開けられるのかなそもそも?

ルーシー

(がちゃ(ちょっとだけあけてみたり)

他一同

G

あ。

はい(笑)ルーシーがあけたということで。

そこは廊下の一番恥。

アケビ

GM

何故に誤字 orz

shame on youは僕ですねということで。

廊下の一番恥っ子です。

 

 

 

 

一同

GM

 

(ここでGM、痛恨の誤字ラ連続発生です。まぁ、文字のオンセだし、たまにはこんなこともあるよね!(涙)

 

(裏で爆笑中)

もういいよ!!!!!!!!!なんなんだよもうー!

ヒオリ

えーと、気を取り直して。ドアを開けたら突きあたりっつーこと?

GM

はい…廊下の一番端っこです。左を向くと

ながーい廊下が続いています。そしてその両側にいくつか扉がある感じです。

ルーシー

なにがあるのかなあ?(魔力を感じた方をみてみる)

ヒオリ

それはさっきの屋敷とは別の場所?

GM

壁とか床の様子を見た感じ、先ほどまでいた屋敷です。

魔力を感じた方を見ると、何だかもやもやしたものが立ってますよ。

ヒオリ

りょうかーい。ってうぇ。(びくっとして後退

アケビ

…あれ、なんでしょう…か。(ふるり。

ルーシー

はんていできる?

GM

そのもやもやしたものは、ドアを出て左通路先、10mのとこでもやもやしてます。

そして仲間になりたそうな目でこっちを見ていません。

 

ヒオリ

アケビ

ヒオリ

アケビ

判定出来ますよ。【魔物知識判定】をお願いします

あー、おう…一応セージ俺なんだよな…(引け腰ころころ)12だ。

…(どきどきどきどき。じー…

な、なんだっ何か俺に憑いてるのかうさぎ…!!!(汗

あ、えと‥‥ボクも【魔物知識判定】、です(耳へちょ)平目で…8、です。

GM

ん。知ってますね。更にヒオリは弱点まで抜きました。

ヒオリ

まじか俺。

GM

これは、ルルブ1363ページ。『ガスト』呼ばれる魔法生物です。一体。

ルーシー

ひおりくんまじてんし(きらきらした目で見上げ)

GM

みなさんに近づいてきます。戦闘行動をとるのであれば、さぁ、【先制判定】をとってくださいっ

アヤ

よーっし、じゃあまたスカウトアヤちゃんの出番かなー!(ころころ)…あΣ

GM

 

 

 

アヤ

ルーシー

ヒオリ

・・・おっとぉ。(にんまり)

 

(ここでアヤちゃん、まさかのファンブル、つまり、1ゾロで『自動失敗』です。)

 

GMの笑い方が罪深い! うぅ、ごめーん…

どんまいどんまい。まだとりかえせますよ。あいつ、弱いし(銃ちゃきっ

あー‥‥人生たまにはそんなこともあるさ(魔力ぱちぱち

GM

スカウトがファンブっちゃいましたね。そういうルールがあるわけではないのだけど、ガストはいつでも戦闘態勢でしたし、ここはこちらで頂いちゃいましょう(笑

一同

GM

いーやーΣ

ではみなさんドアから出て固まっている感じですね。

ガストがふんわ~り近づいてって、

転んだのかなんなのか【先制判定】を失敗したアヤに、嫌んなもやもやで攻撃します。

アヤ

もやいやー!?(床ゴロゴロぶわわ

GM

回避+26をお願いしますっ

アヤ

回避は高いもん!(ころころ)12!

GM

了解っ。ではすかっと回避ですね。アヤの顔の横をもわんと広がり、通り抜けていくもやもや。

でわちょっともやんもやんしつつ。既に二人?は『乱戦状態』です。

そちらのターン、どうぞっ。

アヤ

GM

アヤ

GM

 

 

 

アヤ

ルーシー

『乱戦』だと、どうなるの?

基本、逃げられません。

ひっΣ

厳密には、サッカーとかバスケみたいな誰かで誰かをマークしてる状態なので、他の誰か二人がかりで敵を相手にしないと、アヤちゃんは乱戦から逃げられません。更に、乱戦から抜ける時は主動作、それだけで手番終了且つ、次のターンまで回避にマイナス4のペナルティが入ります。

逃げるぐらいなら、立ち向かった方がマシって事だね!(フリッサしゅらっ

近づけない代わりにおばあちゃんがまず援護しますね<ソリッドバレット>!

GM

命中くださいなっ。器用度ボ+シューター+26

ルーシー

(ころころ)命中12で、えいっ!(ばしゅっ

GM

ルーシー

OK、ダメージくださいっ

マタギの力を見せてあげるわよ(ころころ)ダメージ10!

GM

もやもやに渦巻いて風穴が空きました。そこを通り抜けていく弾丸

アヤ

よし、じゃあそれを追いかけるようにフリッサで続いて攻撃します!

GM

かもーん。

アヤ

命中判定。えいやっ!(ころころ)10!

GM

んっ、ばしゅっとくらいま。ダメージくださいっ

アヤ

 

 

とーうっ! r13+6@9

 

 

 

(上の式、威力13の武器で、追加ダメージ6、クリティカルは出目が9以上だったら、という意味なのですが‥‥見てください、下のbotが叩きだしたアヤのダメージの威力。。)

sw2bot

アヤ > r13+6@9 = [6,4:6][6,4:6][4,5:5][2,4:3]<クリティカル!x3>+6 = 26

GM

・・・えーとね。

計算するまでもなく、ぴちゅーん、ですよ!!(笑)

斬って、斬りかえして、回転切りー。怒涛の三回クリティカル。

一同

えぇっ!?

アケビ

アヤさん、すごい、です

アヤ

(ドヤァ

GM

そういう訳で、かき消したアヤさん。戦利品判定を。26ふってくださいっ

ヒオリ

(この女恐いって顔しつつ

アヤ

はーいv 2d6

sw2bot

アヤ > 2D6[2,4:6] = 6

GM

アヤ

なし。

がくっ

GM

近くに、ころん、と、魔石が落ちてました。マナはこれに反応したのでしょうね。

でもこれもうお金的価値ないです。

さてさて。そんな訳で、もとの静かな廊下ですよ。

アヤ

やりすぎちゃった(てへぺろv 

ルーシー

みんなふっとばしたのね‥‥わかいっていいわぁ。

ヒオリ

あ、魔石、拾うのとか手に取るのあり?

GM

ご自由にー。普通に拾えます。

ヒオリ

(嬉々として魔石拾ってころころ手で転がします

アケビ

(魔石の色とかに、興味しんしん。じー。)

ヒオリ

(しゃがんでアケビに見せてみたり)

アケビ

(見せてくれたのが嬉しくて、ぱぁあああっ

アヤ

ぬー?(一緒になって見てみたり

ルーシー

(周囲をきょろきょろ)

ヒオリ

あ、ふっ飛ばしさんお疲れ((は。

アヤ

あ、どもどもおそまつさまでした(ぺこ。

ルーシー

GM、周囲はどういう状況だろー?

GM

ガストがいなくなっただけで、目の前、長方形の廊下がどーんと伸びてますヨ

ヒオリ

明かりは十分?

GM

両壁にはいくつかの扉がはっついてますが、どれがあいてどこにつながるかは・・・

明かりはついてますね。魔法装具なのか、ランプ型のが壁に。

アケビ

石の、いろは?(かく。

GM

あぁ、魔石ですか。くすんだ黒ですっ

ルーシー

廊下はどこまでつづいてるのかな?

GM

廊下は、50mぐらい、かな。目測っ

アケビ

石。まっくろ。です、ね。(目ぱちぱち。

ヒオリ

まぁ、魔石だし使い古しだしな(謎理屈

アヤ

ね、守ってーって言ってたの、黒水晶だっけ。関係あるのかなあ。

ルーシー

おー関係あるかも?とりあえずだいじにするといいのかもしれないねぇ。

ヒオリ

さっきのガストが「守ってた」って可能性は?

ルーシー

命令を聞くものだから、その可能性はあるかもねえ(ほむほむ

あ、ドアはいくつあるのかな?

GM

この距離からは全部数えられません。多くて、割とあとらんだむ。

アケビ

ウィードさんたち、が、心配です。(へちょ。

ヒオリ

そういや何か飲みこまれてたよな。仕事どうすんだろ

ルーシー

仕事以前の事態に(あせあせ) いそいで探さないといけないかねえ。

アヤ

だ、ね。(ふむ よし、とりあえずさっきのガストが最初に居た処とか探してみようよ。

ヒオリ

扉はまだ閉めておくか?

アヤ

むやみに開けない方が安全かなあ、とあたしは思うよー(ふむ

ルーシー

ひとつづつあけるのがいいかねえ。

ヒオリ

おっけ。じゃあ……その辺探してから、扉か。

ルーシー

私はガストの当たりを見ている間に扉を一つくらい探索してみようかねえ。

アヤ

うん。んじゃ調べてみようか(もそもそと故ガストが居た辺りを探索

GM

ガストが最初にいたところ。まぁ魔石は廊下の壁のすみっこにころがってましたっ

GM

【探索】は判定どうぞっ

ヒオリ

あ、扉行くならせめて俺もついて行こうか、ルーシー。

GM

扉も一番近いのとか、どの辺にあるのとかがあればっ

ルーシー

お。ありがたいねえ。うちのおじーさんみたいないいおとこになるよ、ひおりん(ほろり

GM

ロールを判定するゲームでもあるので、「これこれこういうふうにさがす!」っていうのあればどんどこ言うてくださいね。それもプラスになるかもなのでっ

GM

ヒオリ

ルーシー

 

GM

ヒオリ

GM

ルーシー

アケビ

GM

 

アケビ

ルーシー

GM

 

ルーシー

最初のアケビの、くんくんかいで判定したのは良い例です(こく。

ひおりんって‥‥(汗

じゃあ、てぢかなドアに平目だけど‥‥(ころころ)7。これで扉を鍵穴から覗きこむわね。

ドアの上からスライムぬちゃあ

なっΣ

嘘です。

ちょっと(((

(ドアに耳ぴとっとくっつけてみたり)ききみみっ(ころころ)9、です。

了解。ルーシーはドアを調べたというより、中を調べた、と言う事で…(もそ

ルーシーとアケビって、同じドア?

手近なドアを選んじゃいました。

手近なドアだね…うーん、あけびちゃんとは変えてみようかな。

ドアならなんだってよかったのね…!私のことは遊びだったのね…!

なんてちょいちょい暴走しつつ。

G…M…?(

GM

アケビは中から、人の声を聞き取りますね。ルーシーは壁しか見えませんでした。

アケビ

ん。声?(ぴくぴくん。苦しそうな声、です?

GM

うーうー唸ってて、苦しそう、というよりは、自分に気付かせようとしてる声、までわかっていいですよ。

アケビ

聞き覚え…ありますか…?(耳、ぴとー

GM

いや、無いです。

アケビ

ん。わかんなかったです、けど。ドア、あけてもいい、でしょうか。(もご。

呼んでるような、声、しますです。(もごもご。

GM

みなさん壁の前に集まりますと、くぐもった声で、かろうじて、「誰いる・・・!」と聞こえてきます。

アケビ

(こんこんとノックしてみました。

ヒオリ

はいってますかー。

アヤ

返事してみよう。「いますよー?大丈夫ですかー?」

GM

ってー!!」(ドアどんどん

アヤ

ヒオリ

GM

ヒオリ

かってこー…?

…でっていう?

違います。

とりあえず開けるか?

アケビ

(こく。

ルーシー

開けれるか試してみようかな(がちゃ

GM

ノブに手をかけるんですが、あきません。

アヤ

ぬ、鍵?

アケビ

あかない、です

GM

まずノブが回らず、押しても引いても、動かないですね。

ヒオリ

んじゃちょい待ち。中のヒト、名前言える?

ルーシー

うーん。鍵かかってるのかな?

GM

は、宝物○‥‥○備・・・だ・・・!」

アケビ

(中の人が心配で心配で、あぅあぅおぶおぶ。

ルーシー

宝物の警備さん、かしら

GM

前・・・ジ‥‥使用人・・・!」

アヤ

「俺は宝物庫の警備だ」?かな?

アケビ

えと。ここ、あけちゃだめ、ですか?

ヒオリ

正気っぽい。んで、宝物庫か。俺はヒオリなー

GM

「俺・・・・! お様・・・宝・・・! 急い・・・!」

アケビ

中の人にちゃんと聞こえてるかどきどき。

ルーシー

鍵がかかってあかないのか、何かがひっかっかってるのか判定できるー?

GM

ヒオリ

GM

判定しなくてもわかりますね。ドアが一部壁の中に入っちゃってるんですね。

ミキサーの時に面倒な埋まり方したとか…?

「あ○○か・・・? こちか・・・あない・・・!」ぁ、鍵穴はありますよ。

アケビ

急げ、って、言ってるみたい、です、ね。(あぅ。

ヒオリ

こっちからも開かないぜ

ルーシー

いそいでどこにいったらいいんでしょう

ヒオリ

宝物庫に行って欲しい、あとお嬢様かなにか、かね

アヤ

開かなさそう、か。そちらは無事ですか?Yesなら一発壁どん、Noなら二発壁どんお願いします。

GM

(どん!

ルーシー

ふむ無事のようじゃねえ。

アケビ

!ぶじ!!

ルーシー

なら、急げって言われてるし。片っ端からあけてみるかねえ?

ヒオリ

だな、片っぱしから探す。中のヒト、後は頑張れ。

GM

アヤ

いやんドライ。

良かった判りました。こちらは宝物庫へ向かいますね。貴方もどうか気を付けて。

GM

(どん! とだけ帰ってきて。

ヒオリ

んじゃ、とりあえず(隣の扉のノブに手をかけて開けようと)

ルーシー

(その反対側のドアを開けようと)

GM

…どっち先にあける?(笑

アケビ

同時、です?(かくん。

ルーシー

じゃあここは若い人に譲りましょうか・・・?

ヒオリ

俺からで。

ルーシー

ひおりんファイト!(

アケビ

あ‥‥ちょっと、まって、ください‥‥(前足ぱたぱた

 

 

 

 

 

 

 

アケビ

GM

アヤ

アケビ

ヒオリ

アケビ

アヤ

ルーシー

 

(と、ここでPL間でどうするかあーでもないこーでもないと議論が交わされていきます。何でも出来る状態だからこそ、慎重且つ、大胆に目的を達成したいと、色々考えちゃいますね。この、プレイヤー達が自分のシナリオの可能性を色々と熱く模索してくれる様を眺めるのが、GMの報酬の一つかなぁ、と自分は思います。)

 

ドアの中の人に…ボクたちの声、きこえ、ますか?

中の人の聴覚や距離にも寄りますが、基本、さっきのどん!の人ぐらいです

ある程度は、ってことかー

<ウィンドボイス>…使えませんか…?(妖精使いのヒオリをくいくい

いや、あれは屋外でしかも視界が通ってねぇと無理だな…

う…(耳へちょ)じゃあ、じゃあ…おおきな、こえで、さけぶとか…

お、みんなで大声大会だね!

人がいるところ優先で、人いなかったところはあと、とかかしら‥‥?

アヤ

ヒオリ

ルーシーさんに一票。屋敷も人語理解する人の方が多いんじゃないかなー。

よし、じゃあ聞くのは無事か、そこは宝物庫か?お前は誰か?

アヤ

 

アケビ

 

ヒオリ

ルーシー

アヤ

アケビ

ルーシー

誰か、は最初の方がいいかもしれないよ。あたしイマイチペリカンさん信用できない‥‥かも‥‥むぅ

ウィードさんは‥‥みんな、だいじ、だから、みんな、たすけたい…です。ペリカン…さんも。

おまえはいい子だな…。じゃあ、1誰か、2無事か、3宝物庫か でどうだ?

宝物庫なら、黒水晶はあるか、もきかないとねぇ。

あとは、セッパつまってたら、なにかしら反応があると思うから、そのつど!

耳…すませて、おきますね…(ぴんっ

じゃあ、せーの‥‥どなたかいらっしゃいませんかのー?(扉の前にたち大声で)

アヤ

こーんばんはー!くらtげふんげふん(

アケビ

えと。無事なら、壁、一発。ドン。お願いしま、す!

GM

 

 

 

 

 

 

ふむ・・・廊下全体に響き渡らせる感じ、ですね。

 

(GM、まさかこう来るとは思ってませんでした。というのも、不思議のダンジョンみたいにぐるぐるシャッフルして、本当に『ダンジョンアタック』のつもりで冒険してもらうつもりでした。こういうPLの機転で二転も三転も思惑が覆るのも、面白いですよね。決してどえむだからじゃないですよ。このどーすっかなぁ…とにやにやしながら苦悩するのも、GMの醍醐味です)

アケビ

聞き耳…立てて、おきます、ね…!(ぴぴーん

 

GM

 

幾つかの壁からは、どん!

ヒオリ

中に誰かいるかっ! とすかさず。

GM

壁というか、ドアか、な幾つかのミキシングドアーが

がちゃっ、きぃっ、ばたん。各々の開き方をして、

ルーシー

GM

はい。

武器を構えた二足歩行の推定蛮族らしき方々が。

ルーシー

ヒオリ

はい?!

げ。

アヤ

呼び寄せちゃったかー(

アケビ

Σ蛮族……!(びくー!

GM

何も聞こえなかったのは、ヒオリが最初にあけようとした扉だけです。

ルーシー

Σはわ……じーさんや(がくがくがく

GM

幾つか。出て来たその影は、6体ですね。

アケビ

ご、ごめ、ごめんなさ!(ぷるぷるぷるぷるっ





声をあげることによって、聴覚を有する者全ての反応を許してしまったパーティー。
特に知能を有する者は、事態に混乱しているでしょう。動けるものは、誘われるままに一行の元へ…
果たしてこの後彼らはどう動くのか。どうなってしまうのか。
窮地の展開、どうぞご期待くださいませませっ。


≪ お ま け ≫


(廊下のドア開けの相談中……)

eliy: 聞こえたら壁一発ドンしやがれおめーらァァアア!!!って(
田中 直人: みんなで大声大会か。
eliy: うむ(
田中 直人: それでいくか。さくっと出来そうだし
葉月/いりま: 中に人いなかったとき、開ける?
相澤: それいいねっ!

らび助(いいんだっΣ ‥‥俺、これリプレイに書く時どうすればいいの)

なんて一幕が裏ではおこっておりました。
二重人格を有する魔剣、とか出したら面白いのかなぁ、とか、少し考えちゃいました。まる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

らび助

Author:らび助
コーヒーでエラ呼吸して生きたいです。
(PC紹介は2008年の2月の記事にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
CtSかれんだー
本棚。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。